MINAPAN

約半年後、世界一周かユーラシア大陸横断するゾ!

難民映画祭2017

今日はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のやっている難民映画祭2017に、ボランティアスタッフとして参加してきました!🐣

 

f:id:mikky04:20171023003334j:image

 

この映画祭は、一人でも多くの人に難民問題について知ってもらいたい、活動を支えてもらいたい、という思いから始まったものだそうです。
難民に関係する映画がタダで観れちゃうんだって。

 


ボランティアスタッフの仕事は簡単で、上映前と後にお客さんの誘導をするだけ。

スタッフも映画を普通に観ることができて、私は2本観てきました。
『とらわれて』と『シリアに生まれて』。

 


1本目は眠気に勝てず寝てしまったけど、2本目は頑張って観た。
なんというか、とても暗い気持ちになるドキュメンタリー映画だった。

 


でもやっぱり、UNHCRみたいに人々の募金に頼る支援には、限界があるなと思った。

 


UNHCRは活動に必要な資金の70%くらいが足りてないらしいし、今日会場に来てたUNHCRのファンドレイザーの人たちも大変そうだったもん。

 


私たち当日ボランティアスタッフが仕事を終えて帰ろうとした時にさえも足止めされて、募金の説明が始まって…。

お金が必要なのもわかるし、協力したい気持ちもあったけど、善意でボランティアしたのに、、次は募金ですか!とも正直思ってしまった。

その時はたまたま台風が来てて、電車が止まっちゃうから急いで会場を後にしたかったってのもあるけど。
なんだか複雑な気分になった🙄

 

 

もちろん善意で募金してくれる人はいるし、それが難民の命や暮らしを救ってるのは事実だと思う。

けど、それだけじゃ、人の善意に頼る支援には、限界があるんじゃないかな、と。

 


支援する側も、支援を受ける側もハッピーになるような支援の形ってないのかな〜。

 

 

そんな感じで、いろいろ考えさせられた映画祭でした。

事前研修を終えて

先日、8日間の事前研修が終わりました!

京都の田舎、和束(わづか)というところで年齢も性別も異なる13人のメンバーで共同生活。

これから一年間、それぞれがいろいろな思いや夢を抱いて海外に飛び出すメンバーです✈️

 

 

海外に行く準備のワークを受けたり、お茶農家のお手伝いをしたり、みんなで夢や目標を語り合ったり。

夜はお酒とお菓子を片手に毎晩おしゃべりしてました❤️

 

 

みんなぱっと見普通の人たちなのに、話してみると面白い、というか、似たような価値観を持つ人たちばかり。

彼らは、人生を語ることのできる人たち。

彼らは、夢を信じることのできる人たち。

自分の夢も、仲間の夢も。

 

 

18期生のメンバー、スタッフの人たち、経験者のみんな、和束の人たち。

本当にいい人たちに出会えた。

8日間の共同生活を終えたばかりで、なんだか何が起こってたのかよくわからない不思議な8日間だったけど、それだけは確か😌❤️

 

 

これからは、1ヶ月半くらい日本でバイトして、12月中に出発予定。

みんなに負けないように、頑張ろ。

強くなって帰ってくる🌏✈️

 

f:id:mikky04:20171022233508j:image

 

大阪へ、弾丸で。

今日は、思い立って大阪に行ってきました〜。

 

ネパールでフットボールチームを作り上げたという大学生のお話を聞きに。

 

「ネパール」

「国際協力」

 

このワードにピンときて、弾丸で大阪に行ってきた。

 

滞在時間3時間くらいしかないし交通費とか参加費で1万くらい飛んでくからめっっっちゃ迷ったけど、行った。

 

気づいたら家を出て、列車に乗ってた(笑)

 

あんまり話す時間なかったけど、なんだかすごい人たちと繋がれたのはよかったかな。

 

私も、頭で考えるだけじゃなくて、行動にしなきゃ。

あー自分の優柔不断をほんとに蹴飛ばしたい。

 

 

 

たぶん、私は旅をしたがってるんだと思う。

 

でも、踏み出す勇気がない。

 

だって、旅って何になるの?

 

短期の旅ならまだしもさ、そんなに長期で。

 

就活で、どう語る?

 

言い方悪いけど、ただの娯楽じゃん。

 

海外インターンとか、留学とか、そっちの方が語れるじゃん。語りやすいじゃん。

 

そういう声が自分の中で、邪魔してるの。

 

かたちがきらい。レールなんてなくていい。

 

本当は何にもとらわれずに、旅がしたい、んだと思う。

 

でも、どこかで国際協力につながるようなこともしたいなと思ったり。

 

 

 

うーん、世の中複雑すぎてよくわからない。

こういう時に、山とか、ひとり旅とかしたくなるのかな〜。

 

迷った時は

迷った時はね

 

「どっちが正しいか」なんて考えちゃダメよ

 

日が暮れちゃうわ

 

 

頭で考えなきゃいいのよ

 

答えはもっと下

 

 

あなたのことなら

 

あなたの胸が知ってるもんよ

 

 

「どっちが楽しいか」で決めなさい

 

 

*  *  *  *  *

 

ある本の中で見つけた言葉。

金子・シャロンさんって人の言葉なんだって。

 

なんとなく心に残ったから書いとこーっと。

 

 

 

 

アメリカンスタイルの朝食が人気な、名古屋のカフェ「Early Birds Breakfast」に行ってきました!

f:id:mikky04:20170723095708j:image

 

名古屋といえば「モーニング」が有名なのは、みなさんご存知でしょうか?

ドリンク一杯の値段でトーストやゆで卵が無料でついてきたり、朝食限定のメニューに力を入れていたりと、名古屋には朝食が魅力的な喫茶店が数多くあります。

そんな中で、今回訪れたのは名古屋にあるアメリカンスタイルのカフェ「Early Birds Breakfast」。
このカフェは以前たまたま訪れた際に、そのナチュラルな雰囲気やメニューの豊富さに虜になってしまったお店です。
今回は以前とは時間帯を変え、モーニングに行ってみました。

 

名古屋駅から地下鉄で15分弱、鶴舞線「東別院」で下車します。
地下鉄を降りたら、1番出口から出て東に進むこと約8分。静かな住宅街の中にあります。

駐車場もあるので、車で行く人も安心です。

では、さっそく入ってみます!

 


卵の焼き方、ソーセージ/ベーコンなど、好みの朝食プレートをチョイスできる!

ここの朝食メニューの面白いところは、自分で好みのチョイスができるところ。

 

例えば、
卵は「スクランブルエッグ/サニーサイド(目玉焼き)/ターンオーバー(両面焼き)」から、
パンは「トースト/ビスケット」から、
ミートは「ソーセージ/ベーコン」から、好きなものを選べるようになっています。

 

いろいろ迷って、ターンオーバー、ビスケット、ソーセージをチョイス。

 

f:id:mikky04:20170723095809j:image

プレートには、ハッシュブラウン(みじん切りにしたポテトを揚げたもの)やバターもついていました。


自分でチョイスしたものが一つのプレートにのって出てくるとわくわくしちゃいます。

 

個人的なお気に入りは「ビスケット」。
ビスケットというよりはスコーンに近いかもしれません。
これにメープルシロップをかけて食べるのがおすすめです。
シンプルな味が嬉しい。

 

ちなみにメープルシロップの他にも、ケチャップ、マスタード、塩、胡椒も用意されており、自由に使えるようになっています。

 

f:id:mikky04:20170723095834j:image

 

こうして自由に使えるようになっていると、いつもは目玉焼きにケチャップなんてつけないけどつけてみようかな、ソーセージにマスタードも合うかも、なんて、選択の幅を増やしてくれるんですね。

 

お得なドリンクセットもありました。

 f:id:mikky04:20170723095912j:image

タンブラーにたっぷり、アイスカフェオレ。

 

このお店はもともと、アメリカ旅行に行ったオーナーがアメリカの朝食文化に影響を受け、日本でも提供したいということで始められたようです。


アメリカンスタイルだからか、ボリュームも3段階で選べるようになっています。
ちなみに私は1エッグ、1パン、1ミートのいちばん小さいサイズを選びましたが、朝食としては大満足の量でした。

 


ナチュラルな雰囲気の中に遊び心が散りばめられた店内

 

このお店のもう一つの魅力は、ナチュラルな雰囲気の中に遊び心が散りばめられた店内です。
店内には「これなんだろう?」と思わず口にしてしまいそうな物たちがいっぱい。

f:id:mikky04:20170723100039j:image

 

たとえばこちら。

f:id:mikky04:20170723100109j:image

大阪万博太陽の塔。その横には人形。その横は水筒かな?柄がかわいい。

 

f:id:mikky04:20170723100130j:image

壁から手が…!しかも目が付いてる!笑

 

f:id:mikky04:20170723100206j:image
こちらはお店の入り口の扉の取手。
自転車の何かの道具でしょうか?

 

このお店には自転車屋が隣接しており、同じオーナーがカフェも自転車屋もやっているそう。
不思議な組み合わせだなぁ。

 

もしかしたら、店内にあった小物ひとつ一つにオーナーの思い入れがあるのかもしれません。
今度お邪魔したとき、聞いてみようかしら。


本や雑誌も置いてあり、Wi-Fiが完備されているのも嬉しい点です。

 f:id:mikky04:20170723100238j:image

 

遊び心が散りばめられた隠れ家のようなカフェ。今回は朝食メインに紹介しましたが、ランチやスイーツメニューも魅力的です。
思わずだれかに自慢してしまいたくなるお店でした♪

素敵な朝を、ありがとうございました!

f:id:mikky04:20170723105527j:image


《店舗情報》
EarlyBirdsBrekfast
愛知県名古屋市中区千代田4丁目14-20
Tel: 052-265-9290
Open: 7:00-17:00
Closed on Thursday
URL: http://www.earlybirdsbreakfast.com/
SNS:https://www.instagram.com/keita_earlybirds/

弾丸東京旅行Part2

今日は弾丸東京旅行の後編!
今回のもう一つの目的であるイベント参加についてです。

 

 

今回私が参加したのは、

 

「旅を仕事に」〜旅を魅力的に伝えるための楽しいライティング学〜

 

というもの。ゲスト講師に伊佐知美さんを招いて、旅をしながら仕事をする方法や、魅力的な文章の書き方についてみんなで考えました。

 

名古屋在住の私が、わざわざ東京に行ってまで参加したいと思ったこのイベント!

 

f:id:mikky04:20170711003548j:image


ん〜〜学びがたくさんありました!
まず何より、自分のお仕事を語る伊佐さんがキラキラしてた!ほんとに楽しそう!

 

 

聞くと伊佐さんは世界一周をされていたのですが、その間、文字通り旅をしながら仕事をされていたそうです。

たとえば、日本とスカイプを繋いでミーティングをしたり、行く先々の国でその国についての紹介記事を旅メディアに書いたり、日本から持ってきた執筆のお仕事を旅先でやったり……。

 

f:id:mikky04:20170711003658j:image


でも彼女も初めは一本500円のライターだったそうです。
それでも地道に努力を続けて続けて、それが何十倍にもなっていったんだって。

 「文章を書いて生きていきたい」をずっと貫いてこられたからこそ、叶ったんだろうなああ。

 

 

「すぐにはだれも読んでくれなくても、いつか誰かが読んでくれる。フェブに置き手紙を置くような気持ちで」

 

 

「やりたいこと、得意なこと、人から求めてもらえることの交差点を探そう」

 

 

それまで書くことを仕事にするなんて考えはなかったけど、自分の表現が、誰かの心を動かすことができたりしたら素敵だなーって思った!

 

 

 

 

それから、イベント後の交流会では、ピザやお酒を飲みながらたくさんの人とお話しすることができました(^ν^)

 

 

ライティングのイベントということもあり、書くのが好きな人、実際書くことを仕事にしている人など、私が普段生活してる中ではほぼ関わることのない人たちとも出会えて、すごかった!

 


実はこのイベントは全2回で完成するもので、今月にもあるんです。

今回が書くことの基本を学ぶ回なら、次回はその応用編といった感じかな?

 


そしてその間の期間には何もしないわけではなく、各グループ内で一度カフェやレストランへ行きその店の紹介記事を書くという作業をするようです。

 

 

そして次回、伊佐さんに自分の記事を添削してもらえるみたい!

 

 

来月にもまたみんなと会えるということで今から楽しみです(^ν^)

 

f:id:mikky04:20170711004617j:image

 

弾丸東京旅行Part1

この前の土曜日、弾丸で東京に行って来ました。

目的は2つ。現在フリーライターをされている社会人の方に会うため、そしてあるイベントに参加するため。

 

 


まず、現在フリーライターとして活躍されてるなほさんとのこと。

 


なほさんとは、Facebookでなほさんのイベント「弾丸世界一周展」を私がたまたま見かけたのがきっかけで知り合いました。

 

 

そのイベントは、今年の冬になほさんが弾丸で世界一周されていたときに撮った写真の展示や、旅先の可愛い雑貨の販売などを行なっているものだったのですが、そのイベントをFacebook上で見かけた瞬間、なにかビビッ!ときたのです。

 

 

きっと、「いつか世界中の旅先で集めたかわいい雑貨を扱うお店を開いてみたい」「いつかものを書いてみたい」って昔憧れてたのが蘇ったのかな?

 

 

見てみると、私が去年学生団体をしていたTABIPPOにも記事を書いているライターさんでもありました。

 

 

……行ってみたい!
なほさんという方に会ってみたい!

 

 

しかしあいにくその日がイベント最終日。
しかも東京開催だったので、名古屋在住の私は行くことができませんでした。

 


でも私はどうしてもなほさんという方に会ってみたくて、勇気を出して連絡を取りました。
そしてありがたいことに、今回会う時間をいただけるという運びになったというわけです。もう、感謝感激(*゚▽゚*)

 


世界一周の話やこれまでのキャリアの話、現在のお仕事についてなど、いろいろなお話を聞くことができ、とても充実した1時間半でした(^ν^)

 


いちばん印象に残っているのは、なほさんが新聞社を辞めてフリーになろうと思ったいきさつについての話の中でのこの言葉。

 

「この新聞社で私がやりたいことはもう終えたかな、と思えたから」

 

考え方がシンプルで、きれい!

私は考えすぎて、そこから抜け出せなくなることがよくあるんです。

将来のこともだし、旅のルートもだし、とにかく考えすぎてわからなくなっちゃう。
「足踏みしてても、クツは減るぜ」
って誰かが言ってたような。

 

 

だからこそ、こういうシンプルな決断の仕方、習慣にしていきたい。

そんなことを考えさせられる一言でした(^ν^)

 

 


そして、もう一つ。
旅の話や自分のことを語るなほさんの姿がすごくかっこよかった。
自信をもって何かを語れる人ってやっぱりかっこいい。
だからこそ、あんなイベントをひとりでゼロからつくりあげることができたんだろうなって思います。

 


私には語れることも、誇れることも、譲れないこともこれといってないなーと思って、余計になほさんがかっこよく見えました。

 


いつかあんな風に何かを語れるようになりたい〜。語れるほどの引き出しをもった人間になりたい〜。と思いました。( i _ i )

 

 


あとはやっぱり世界一周中の話は聞いててすごく面白かったなぁ。

同じ女の人がひとりで世界を旅してたってだけでなんだか勇気付けられるし、共感できる感覚とかもあって興味深かった。
行きたい国がまた増えたりもしました。

 


他にも印象に残ってることはいろいろあるけど、それは下のMEMOに書いておくことにします。

 

 

とにかく、刺激的で楽しくて素敵な時間でした!
こんな見も知らぬ大学生とお会いしてくれて、そしてお忙しい中時間を割いてくださったなほさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 またどこかでお会いできたらいいなぁ(^ν^)

 


後編はまた後日。おやすみなさい〜☆


MEMO

・韓国からだとLCCたくさん飛んでるから、旅のはじめを韓国にするのもありかも。ウズベキスタンにも直行飛んでるんだって!
・トルコは都市によって結構顔が異なる国なんだって。イスラムのワンピースの踊り(名前なんだっけ)発祥の町とか。いろいろ行くの、面白そう。
サマルカンド、ブハラ、、❤︎
・新聞社憧れる気がする
・でも聞くとやっぱり大変そう。いつ呼ばれてもいいように自分用のと仕事用の携帯2つ持ちってのはビビった。
・就活に際し、業界全部見るのはあり。
・あと、「旅」を旅だけで終わらせない。何かの形にすること、それを通して自分の中に落とすことって大事ね。
・それにしてもフリーで働くってすごい

・そういう働き方もあるんだなって視野が広がった!
・最後なほさんがこれからどうしてこうって考えてるのか聞くの忘れた〜
・お忙しい中こんな名もない大学生に会ってくださって、感謝感激( i _ i )ありがとうございました!(^ν^)

f:id:mikky04:20170629124648j:image